注目アイテム

【送料無料】包丁 グレステン Tタイプ 【ガラスキ】【20cm】おすすめ 日常使い 人気 料理用包丁 家庭用 業務用包丁 飲食店 肉・魚包丁 サバキ さばき包丁 よく切れる キッチンナイフ プロ愛用 洋包丁 切れ味よく サビにくい 研ぎやすい

Item Number 26

グレステン Tタイプ ガラスキサイズ刃渡 20cm 全長 313mm背厚 3.0mm重さ285g材質 404Aを基本ベースとしたグレステン鋼(HRC硬度58〜59を使用)商品説明 プロ・業務用包丁 420TK片刃 耐蝕性・耐摩耗性・耐熱性・強度・硬度の安定性があり、切れ味も持続性があるプロの料理人から愛される包丁家庭でも業務用でもファンが多いグレステン「グレステン」材質がグレステン鋼の1種類しかないため、T・M・Wシリーズと展開がありますが、どのタイプも同じ鋼材から作られています。

また、グレステンは刃の模様が独特で、切ったときに食材がくっつかないとうたっていますが、くっつくこともあります。

ですが、身離れの良さは実感していただけると思います。

包丁自体が少々重く感じますが、逆に持つ手に力を入れなくても、その重さで食材を切ることができるため、疲れにくいです。

耐蝕性・耐摩耗性・耐熱性・耐寒性・靭性・硬度の安定性・切れ味の持続性に優れています。

●特長・最大の特長”側面のくぼみ” くぼみに空気が入ることで切断面の抵抗が減り、切り身の刃離れがよく、切れ味が軽くなります。

・全体的に刃の部分が厚く、比較的硬い材質なので、”耐久性がある”・研ぐ部分は凹凸を気にせず研いで構いません。

材質が硬いため少し技術がいりますが、”一度研げると最高の切れ味を長く保ってくれます!”なかでもこのTタイプは軟質まな板用包丁(木・プラスチック製)になります。

ガラスキの特長・サバキとも言われる・鶏・牛・豚・魚などの肉と骨を切り分ける時に使用・片刃になります・刃こぼれしにくいよう刃先も厚くなってい・カニやエビの殻を割ることもできる包丁の根元が三角形の形をしているタイプ骨スキと同じような形状をしていますが、刃渡りがやや長く、刃に厚みがありしならず、しっかりしています。

丸鶏など大きな骨のあるものをさばく時に使いますので、軟骨や関節を切断することが多く、刃こぼれしないようしっかりと厚みを持たせてあるようです。

日本の出刃包丁より、刃の形状が直線的な刃になっていおり、大きな部分はガラスキ・細かい部分の切り離しなどは骨スキと使い分ける方が多いようです。

包丁の切れ味ひとつで食材の切り口も変わり、味にも影響がでてきます!!料理好きであれば包丁はこだわりたいところですよね。

最も大事な条件は「使いやすさ」プロ仕様の包丁は、業務用である大量の食材に対応しなければならないので、その耐久性と切れ味の持続性はとても重要になる要因です。

全体の重量バランスが良く、持っていても疲れにくく、コントロールすやすいです。

また錆びにくいということから、お手入れのしやすさも実現しています。

切れ味を持続させるのに、砥石で研ぐ。

ということも大事な作業です☆

 T シリーズガラスキ 片刃刃渡 20cm 

Item Number 26

Review Count レビュー件数 0件
Review Average レビュー平均 0.0(5点満点)
Shop Name ショップ SCキッチンTOWN
Price 商品価格 23,225円(税込み)

この商品を買った人は、こちらの商品にも興味をもっています。

こちらも一緒にいかがですか